おすすめの無添加ドッグフードをご紹介

最近ワンちゃんの健康に気を遣っている飼い主さんの間では、無添加のドッグフードが人気なんです。

食の細い子がよく食べるようになった、毛並みが良くなった等話題になっています。

なぜ無添加ドッグフードがオススメなのかというと、品質管理がきちんとされていて、保存料や着色料など余計な添加物が入っていないこと、チキンやラム肉など良質なたんぱく質を使っているということです。

ワンちゃんのアレルギーの元になるような添加物が入っていないというのは魅力的ですね。

無添加ドッグフードは色んな種類があるので、どんな特徴があるのか見ていきましょう!

アランズナチュラルドッグフード

アランズは自然給餌(ナチュラルフィーディング)の考えを大切にしています。
様々な犬種がありますが、すべてひとつの祖先から生まれたもので、祖先の野生の犬たちが食べていたようなものが良いという考えです。
だから添加物は一切使わず、良質な肉や野菜を使用しています。

◎アレルギーの原因になりやすい、小麦や大豆、乳製品、とうもろこし、牛肉、豚肉を使っていない
◎材料はイギリス産にこだわり、イギリスにある品質管理のしっかりした工場で生産されている
◎肉副産物や保存料、着色料、香料、人口添加物は使っていない100%無添加ドッグフード
◎人間が食べられるような原材料のみを使用
◎犬の消化器官に負担を与えるような材料を使っていない
◎チキンやターキー、ラム肉など良質なたんぱく質を使用

アランズ『ナチュラルドッグフード』公式サイト>>

モグワンドッグフード


愛犬の健康と食いつきの良さを目指して開発されたドッグフードです。
飼い主さんが家で丁寧に作った、愛犬のためのご飯「おうちの手作りごはん」を目指しています。

◎試食会で97.8%が食べたくいつきの良さ
◎着色料・香料不使用
◎穀物不使用
◎イギリス産平飼いチキンやアスタキサンチンやDHAを含むサーモンなど良質な動物性たんぱく質が50%以上
◎犬にとって不必要なものは省き、必要なものをできるだけ入れたドッグフード
◎イギリスのドッグフード生産工場の専門家と相談しながら2年の歳月をかけて作られた
◎バランスを考え、トマトやアスパラガス、かぼちゃ、バナナ、りんご、クランベリーなど野菜やフルーツがたっぷり
◎原材料がシンプルなので、飼い主さんがフードに野菜などをトッピングするのも自由
『モグワンドッグフード』公式サイト>>

Butch(ブッチ)


Butch(ブッチ)は無添加の生ドッグフードです。
「安心・安全で健康的」がコンセプト。

自然の栄養成分を壊さないように加工されたソーセージ状の見た目がユニークですが、中身もこだわりのあるドッグフードです。

◎世界各国の動物園でも採用されている

◎原材料は全部、世界中でも検疫規制の厳しいニュージーランド産。
牛や羊もほとんどが放牧で牧草を食べて育っています。
飼育環境や飼料に厳しいので安心です。

◎ソーセージ状の生ドッグフード
生肉と同じ水分量70%なので、ドライフードよりも消化吸収しやすい

◎水分が多く柔らかいので、シニア犬でも食べやすい
◎血液をサラサラにしたり、細胞膜やホルモンを作る必須脂肪酸の魚由来のオメガ3を配合

◎高温で加熱処理するドライのドッグフードと違い、生タイプなので風味や栄養が損なわれない
◎合成色素やアレルゲンとなりうる砂糖、小麦、グルテン、イースト、人工調味料・香料、エトキシキン、プロピレン・グリコール等の成分は含まない

◎犬は肉食動物なので、本来の犬にあった肉メインのフードになっている

『Butch』公式サイト>>