成犬になってからのトイレのしつけはどうやってやるの?

成犬になっても部屋のあちこちでトイレをするので困っている、という飼い主さんは少なくありません。

トイレのしつけは子犬の頃にするのがベストです。
子犬に比べると成犬のトイレのしつけは時間がかかることは確かですが、諦めることはありません。
成犬になってからトイレを覚えさせるポイントをお教えします!

 

①まずは部屋の中にサークルを置こう

部屋の中でサークルも置かず、自由にさせていませんか。
まずサークルを置いて中にベッドとトイレを離して作ります。
犬は基本的に、ベッドなど自分が寝る場所ではトイレをしません。
トイレのにおいで自分のいる場所を敵に見つけられたくないという習性があるからです。
自分のベッドは汚したくないので、段々とトイレでするようになります。

 

②犬がよくトイレする時間帯にトイレに誘導する

それぞれ犬によってトイレをよくするタイミングがあると思います。
例えば朝起きてすぐにトイレをすることが多いと思ったら、朝一番にトイレに誘導してあげましょう。
うまくシートの上でできたら褒めましょう。
食事の後もトイレしやすいタイミングです。

③トイレシートにおしっこの臭いをつけておく

成犬でトイレが上手くできないのは、トイレの場所が全く分かっていない場合が多いです。
そもそもトイレの場所が認識できていないので、部屋のあちこちでトイレするという訳です。
トイレシートにおしっこの臭いをつけておくと、ここがトイレだと理解するようになります。

④シートの上でできたらとにかく褒める

成犬だと散歩の時しかトイレをしないという子もいますよね。
そんな場合も、シートを使って外で覚えさせることができます。
トイレしそうになったらシートを下にさっとひいてあげて、終わった後にシートを見せて褒めましょう。
トイレはシートの上でするものだと理解していきます。
時間がかかると思いますが、失敗しても叱らず、ちょっとでも上手くできたら褒めまくるのがポイントですよ。

プロのアドバイスを参考に自分でしつけしたい方へ!
>>犬のしつけDVD人気ランキング<<