犬の「外耳炎」~原因と予防、対策

犬の外耳炎とは

耳の中の奥の鼓膜までの部分が炎症している状態です。
結構よく見かけますが、結構長引く印象が強いです。

外耳炎の主な原因

耳のダニ、細菌、アレルギーやアトピーからなることも多いです。
また散歩の途中で草の種や虫などが誤って耳の中に入ったり、耳に腫瘍ができてそれから外耳炎になることも。

犬が掻いたり、飼い主さんの耳掃除の際についた傷が外耳炎につながることもあります。

犬の外耳炎の症状は?


とにかく痒そうにしていることが多いです。
後ろ足で首を掻いたり、首を振ったりします。
また耳を下にして床に擦り付けるような仕草をすることも。

また耳の臭いがいつもと違って、臭いことが多いです。
耳垢が黒かったりすることも。
耳の中が赤く腫れたようになって、耳の穴が細くなったように見えます。

犬の外耳炎の予防と対策

外側の外耳から鼓膜などのもっと内側に炎症が移ると、深刻な状態になってしまうこともあります。
だから犬が首を振ったりいつもと違う仕草をしていたら、早めに病院へ。

普段から耳を傷つけない様に、爪を切ってやすりで丸く整えます。

また耳の中はいつも清潔に。
耳毛を抜いて優しく耳掃除してあげましょう。
ただしやりすぎは良くありません。
強くこすったりすると耳に傷がついてしまうので逆効果です。
難しい場合はトリマーさんにお願いするといいでしょう。

それと耳の中は乾燥気味に保ちます。
たれ耳の犬は耳の中の風通しが悪いので、特に注意してあげましょう。
シャンプー時には耳に綿をつめたり、シャンプー後にもしっかり耳を拭いてあげましょう。