お部屋で放し飼いする時の犬のしつけ、注意点

最近では小型犬を飼う人が多いので、室内飼いがポピュラーになりました。
中型・大型犬でも外ではなく室内で飼う人も多くなってきました。

室内で飼うと、犬とコミュニケーションをとる時間が多くなるしいいこと尽くめな気がします。
でも意外と室内で飼うときに気を付けたいことも多いんです。

部屋で飼う時に気を付けたい点をまとめてみました。

主従関係をしっかりと

室内で放し飼いにする時は、飼い主が上で犬が下という立場をはっきりさせましょう。

犬が行ってはいけない場所に行ったときは叱りましょう。
また飼い主さんの座る場所に犬が陣取っている場合も、そのままにせず必要に応じてどかすようにしましょう。

犬の好き勝手にさせておくと後が大変です。

犬の居場所を作る

犬の居場所をしっかりと作ることは意外と大切なんです。

人間の方は部屋に放し飼いするのだから、自由に動けて犬は幸せだろうと思うかもしれません。
でも実は犬はほっと安心できる場所が部屋の中に欲しいのです。
犬がほっとできる場所というのは、ハウスの様に囲まれていて外敵に襲われないような場所。
もしそういう場所がないと、広い部屋の中で逆に不安になってストレスがたまるんです。

サークルを活用しましょう。
飼い主さんが出かけるときはサークルへ。

犬が行っていい場所とダメな場所を決める

家の中でもあまり犬に行ってほしくない場所があると思います。
せっかく放し飼いにしているのだから、自由にさせるしかないかと妥協するのは絶対やめましょう。

例えばキッチンで犬がウロウロしていると危険なこともあります。
熱々の鍋でも持っている時に犬につまづいてこけたら…。
また犬にとっては食べると健康を害する食品を拾い食いしてしまったら…。
キッチンは出入り禁止にした方がいいと思うのです。

ペットゲートを使うのもいいでしょう。

事故を防止しよう

好奇心旺盛な犬の事ですから、部屋の中で自由にさせていると思わぬ事故につながることも。
放し飼いする前に、犬にとって危険なものは片づけましょう。プリント

電気コードを齧って感電したら大変。

是非市販のコードカバーを。
できるだけコードを犬の目につかないようにします。

ゴミ箱の中の物を食べてしまう事もあるので、ゴミ箱も隠した方がいいです。

犬が口に入れそうな小さな物もいたずらされないような高い場所に移動させましょう。

フローリングにはカーペットを

フローリングは犬にとっては滑って歩きにくいものです。
関節に負担がかかり、股関節が外れてしまうことも。

カーペットやコルクマット、滑り止めマットなどを敷きましょう。
また床に滑り止めワックスを塗る方法もあります。

室内の温度にも気配りを

192391
特に真夏の暑い日に留守番させるときは気を付けましょう。
冷房を消して出かけると想像以上に部屋の温度が上がって、熱中症になってしまうことも。

犬は人間と全く同じように暑さや寒さを感じているわけではないのです。
人間と違って毛皮を着ているので、人間ほど体温調節が上手くありません。

犬は暑さに弱い方なので、水もたっぷり用意しておきましょう。

プロのアドバイスを参考に自分でしつけしたい方へ!
>>犬のしつけDVD人気ランキング<<