犬のしつけ まず最初に~飼い主の心構え

犬のしつけは根気が必要です。
面倒だからまあいいか、と思って放置してはいけません。
しつけは犬の安全を守ったり、飼い主さんと共に快適に過ごすためには絶対必要なんです。

しつけは犬を守るために必要なもの

人間が食べて何ともなくても、犬には与えてはいけない食べ物もあります。
例えばネギ類、チョコレート、ぶどう、アボカドなど結構あります。
これらの食べ物をあやまって食べてしまうと、中毒を起こしたりして命にかかわることも。

飼い主が食べ物を落としたりして、それを犬が拾って食べてしまうということは割とよくあることでしょう。
飼い主が「よし」というまで食べ物を口にしないようにしつけていれば問題ないのですが、しつけていないと犬からそれらのNG食材を取り上げることも難しいでしょう。

またしつけをしていないと、急に飛び出したり逃げだしたりして交通事故に遭うことも。

だから犬を守るためには、飼い主さんがしっかりしなければいけません。

上手くしつけるには飼い主が主導権を握るのがポイント

まず飼い主が主導権を握るために、子犬の頃から体のどこを触っても大丈夫なようにしておきましょう。

食事の時も同時に食べるのではなく、飼い主が先に食べてから与えます。
リーダーである飼い主より先に食べる癖がつくと、犬は自分の方が立場が上と勘違いします。
エサをあげる時も、「まて」「よし」など指示を出すのもいいでしょう。

飼い主の通り道に犬が座っていて動かなかったら、飼い主が犬を避けて通るのではなく、犬をどかして通りましょう。
どんな時も飼い主優先です。

また遊ぶ時も飼い主がリーダーです。
犬が喜ぶからといって、好き放題させるのは良くありません。
おもちゃで遊ぶときも、常に飼い主がコントロールします。

主従関係ではなく信頼関係が必要

飼い主がしっかりリーダーシップを取ることも大切ですが、犬との信頼関係をしっかり築くことも大切です。
厳しくするだけでも、上手くしつけることはできません。

飼い主さんが犬を信頼することも大事です。
甘やかすのではなく、犬が悪いことをしたら厳しく叱り、良い事をしたらしっかり褒めるということです。

そして一緒に遊ぶということも、信頼関係を築くためには大事です。
飼い主さんに頭を撫でてもらう、おもちゃで遊んでもらったりすることが犬は大好きです。
飼い主さんがいるから楽しいと犬が思えば、自然と飼い主さんの言う事を聞くでしょう。

焦らず、根気よく愛情を持って

犬が言う事を聞かないと、イライラしてしまいますね。
しつけは何度も同じことの繰り返しです。
地味な作業が続くのですが、なかなか上手くできない犬に根気よく付き合うというのも飼い主の愛情です。