かわいい愛犬を熱中症から守るにはどうしたらいいの?

犬も熱中症になります

人間だけでなく、ワンちゃんも実は熱中症になります。
元気いっぱいに見えても、犬は暑い夏は苦手です。
飼い主さんが一緒にいる時は大丈夫かもしれませんが、特にワンちゃんだけで留守番をする時は要注意。
留守番の時だけでなく、熱中症は日常の様々な場面で起こる可能性があります。
熱中症で亡くなってしまうワンちゃんもいるのです。
特に子犬や老犬は熱中症にならないよう気をつけてあげましょう。
うちは大丈夫だろうと思わずに、熱中症対策を是非知っておきましょう。

なぜ熱中症になるの?

犬は毛に覆われて全身毛皮を着ています。
日本の暑い夏に毛皮なのですから、相当暑いはずです。
人間と違い、体温を下げるのが上手くありません。
汗をかくのは足裏だけですし、舌を出してハアハアして気化熱で体温を下げる位なのです。
人間と犬の気温の感じ方はかなり違ってて、人間よりも暑さを感じていると覚えておきましょう。

熱中症の症状は?

▼ヨダレが出る
▼体が熱い
▼ぐったりして元気がない
▼ハアハアして呼吸が速い
▼下痢
▼嘔吐する

留守番中の犬の熱中症を防ぐにはどうしたらいいの?

◎水をたっぷり用意する
脱水を防ぐためにも、水を切らさないよう気を付けましょう。
出かける前には、必ず新鮮な水を用意します。
犬が水をひっくり返すこともあるので、念のため2か所に分けておくと安心です。
◎エアコンを使う
温度は26℃程度が最適です。
ただし人感センサーがついているエアコンだと、犬では反応しなくて止まってしまうことも考えられます。
飼い主さんが出かける前には、人感センサーは止めておきましょう。

◎直射日光が当たらないようにしよう
いつも寝ているベッドなどが直射日光が当たる場所の場合は、移動させるか、カーテンなどで遮光しましょう。

◎冷却グッズも使おう
エアコンを入れていても、停電したら止まってしまいます。
犬が自分で体を冷せるようなグッズを是非揃えておきましょう。
ひんやりシートや凍らせたペットボトルにタオルを巻いたもの、水で濡らして首に巻くものなど色々な種類があります。

◎毛を短くカットする
毛の長い犬種の場合、短くサマーカットにするのも良いでしょう。
見た目もすっきりしますし、皮膚も清潔に保ちやすくなります。
注意したいのはカットする時期です。
夏の終わりにカットすると、毛が伸びるまでに寒くなってしまいます。
トリマーさんにカットする毛の長さや時期など相談してもいいでしょう。

室内以外でも熱中症に気を付けよう

◎散歩の時
暑い時期の散歩は、朝早くか日が沈んでからにしましょう。
アスファルトの上を散歩させることが多いと思いますが、暑い時間帯だとかなり熱くなっていて危険です。
体温が上がるので激しい運動を日中にするのも、避けた方が良いでしょう。

◎車の中での留守番時
小さな子供と同じように、暑い時期に車の中に犬を閉じ込めて留守番をさせるのは危険です。
室内よりも狭く、空気の流れもなく、直射日光で短時間で温度が上がります。
真夏の車でのお留守番は避けましょう。

熱中症になってしまったら


◎まずは涼しい場所に移動
◎水を体にかけるか冷やす
人間と同じで脇の下や足の付け根を冷すと効率がいいです。
冷しすぎに注意。
◎水を飲ませる
◎意識がない、嘔吐、痙攣などの場合は体を冷しながら動物病院へ