犬のしつけのために叩くのは?NGそれとも効果あり

犬を上手くしつけようとしても、なかなか思うようにいかない。
そんなときについ、愛犬を叩いてしまいそうになることはありませんか。

でも犬の立場になってみれば、よく解らないことを言われた上に叩かれるのですから、痛いし怖いと思うだけでしょう。

叩くしつけを続けると、犬はどのようになってしまうのでしょう?

しつけで叩いてしまうとどうなるの?

▼まず人間を怖がるようになってしまう
▼人間に対して噛み癖や吠え癖が出たりして、攻撃的になる
▼人間と犬との間の信頼関係が崩れてしまうので、しつけがより困難に
▼人間が手をあげるだけで、叩かれると思って怖がるようになる

もちろん、犬が悪いことをしたら叱る必要があります。
叱る時は手短に済ませ、絶対に叩かないよう我慢です。

犬がいたずらして物を壊したりしているのを見つけて、しつけだからと叩いてしまうのは間違いです。

またトイレを失敗したからと言って、叩いて叱ると、犬はトイレをすること自体が悪いことだと思ってしまいます。

犬はすぐ叱る・褒めるが大切です。
いたずらをやって少し経った後で叩かれても、どうして叩かれるのか理解できません。

叩くしつけは悪い事をしたらすぐに叩くなど、タイミングが難しいのでやらない方がいいのです。

叩いてしまう前に考えてみよう!

感情の赴くままに怒るのではなく、愛情を持って叱るということが大切です。
これは人間の子育てでもよく言われますよね。

信頼関係を築くのは時間もかかり大変。
信頼関係を崩すのはすぐにでもできる。
しつけを成功させたいのなら、信頼関係を築くことが大切なので叩くのは極力やめましょう。

考えてみてください。
自分よりも体の大きな生き物に、訳も分からず上から叩かれるのですから、怖いでしょう。

出来ない時に叩いて怒るのではなく、上手く出来た時、良いことを犬がしたときに思い切り褒める方が良いのです。
褒める時も上手く出来たら間をあけず、すぐに褒めるようにします。

無駄吠えをするから、つい叩いてしまうということもあるでしょう。
そんな時は叩くのではなく、リードを引きましょう。
吠えなくなったらおやつをあげましょう。
おやつを吠える時には与えず、吠えずにいい子にしている時に与えるというのを続けます。
根気は要りますが、叩くよりも穏やかなしつけながら、犬は頭が良いので徐々に無駄吠えをやめるでしょう。

せっかく楽しく一緒に暮らしたいのに、叩いたことによって犬が飼い主に不信感を抱いたままなんて損でしょう。

プロのアドバイスを参考に自分でしつけしたい方へ!
>>犬のしつけDVD人気ランキング<<